消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

長沼静きもの学院(株式会社 長沼)が迅速に対応。
当該学院の受講契約に対する要請事項が改善されました。

 消費者機構日本は、株式会社長沼が運営する長沼静きもの学院(以下「当該学院」という)に対しきものの着付け等の受講契約に関し、2015年5月29日に下記のような問合せ事項および要請事項をまとめた文書を送付しました。

2015年5月29日付「問合せ・要請書」

 これに対し、当該事業者は次のような文書で、質問事項に対する回答および要請事項に関する改善徹底をお約束いただきました。

2015年6月30日付け「回答書」

※回答書記載の改定検討中の契約書等は、内容が確定していないため添付を省略しています。

長沼静きもの学院 受講契約に関する要請・回答等
  消費者機構日本の問合せ・要請内容 長沼静きもの学院 受講契約
株式会社 長沼の回答
問合せ事項 資格認定証の授与及びその効力について
○きもの着付科等の各科の修了時には、資格認定証を受け取るために、授与式(各地域により異なる名称あり)には必ず参加しなければならないのでしょうか。
 資格認定証を受け取れない時は、認定が認められない、上級クラスの受講ができない、教室開講などに不利益が生じるなどということはないのでしょうか。
資格認定証の授与及びその効力について
〇資格認定証は、各級の定められた審査を受け、合格した後、認定料を納め資格取得の申請をしたものに交付されるものでありますので、授与式に参加をしなければ資格そのものが認定されないということはございません。
 授与式とは、その資格を日本和装教育協会から資格取得者へ受け渡すセレモニーであるため、その式に極力参加をして頂きたいと考えてはおりますが、あくまで授与式への参加は任意であり、欠席することで資格が取り消されるものではございません。

※当機構の追加聞き取りより、授与式を欠席した場合でも、各学校へ申請をすれば資格認定証を受け取れるとの回答を得ました。(申請には特に所定の手続きがあるわけではないとのことです。)
要請事項① 各学科の料金表における資格認定授与までに要する費用の提示について
〇当該学院の発行するパンフレットおよび料金表には、各学科の資格認定授与までの費用総額が記載されていません。そのため、必要な費用の詳細を記載した料金表を、受講契約締結前に提示することを求めます。
各学科の料金表における資格認定授与までに要する費用の提示について
〇資格認定等に付随する必要費用の明確化については、現在契約書改定の中で取り組みを行っています。契約書内に一覧表を盛り込む予定で、受講者には、申込み前に詳細な料金体系の説明を実施することを徹底してまいります。
要請事項② 契約書の発行および事前説明について
〇当該学院の発行する契約書は、受講料などの金額記載のみで契約により提供する役務内容などの詳細記載がありません。そのため、受講条件の詳細を記した契約書の発行と契約締結前の事前説明を求めます。
契約書の発行および事前説明について
〇契約書発行および事前説明については、現在契約書改定の中で取り組みを行っていきます。

※当機構の追加聞き取りより、改定時期は2016年度(4月)より実施したいとの回答を得ました。
要請事項③ 着物等の販売について
〇当該学院では、受講生に対し事前の説明もなく着物および付属品の販売が頻繁に行われるとの情報提供があります。そのため、着物等の販売については、受講に必要なものとそうでないものと区別を明確にし、講師および学院主催者という優位な立場を利用しての強引な勧誘とならないよう留意してください。
着物等の販売について
〇当該学院では、着物および付属品の購入は必須ではありませんが、着物の知識を学ぶ上で必要なことと考えています。しかし、その購入に関しては授業や資格の認定とは直接関係はなく、講師・学院主催者という立場を利用しているような販売は控え、受講生に不安感や不信感を抱かせるような事のないよう慎重に対応致します。