消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 順天堂大学医学部を受験した方へも情報提供を呼びかけます。
  • 大東建託株式会社との建物建築工事の注文を撤回、及び建築工事請負契約を解除した方へ情報提供のお願い
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

順天堂大学医学部を受験した方へも情報提供を呼びかけます。

情報提供をいただける場合にはコチラから書き込みいただくか、平日10時~12時または13時~17時までの間に消費者機構日本(03-5212-3066)までお電話ください。

順天堂大学医学部を受験した方へ

 すでにメディアで報道され、また、当該大学がウェブサイトで公表しているように、性別・浪人年数といった属性による選考基準が設定され、その実態が明らかにされないまま入学試験が行われていたことが判明しました。

 当機構では、このような属性による画一的で不利益のある選考をしたこと、そしてその事を一切告知しないまま受験生を募集したことは不法行為に該当しうると考えています。そのため、成績に応じて適正に合否が判定されると誤信して受験したものの不合格となった方へ受験料等の返還を求めることを検討しています。

 ついては、同大学に対して受験料等の返還を希望される方がどの位いらっしゃるかを知りたいと考えますので、同大学医学部を受験した方へも情報提供を呼びかけます。

東京医科大学を受験した方へ

 当該大学においては、性別、浪人年数、高等学校等コードといった属性による選考基準が設定され、その実態が明らかにされないまま入学試験が行われていたことが第三者委員会の調査により判明しています。

 当機構は同大学の受験生の方へ情報提供を呼びかけ、多数の方から情報提供をいただきました。

 これらの情報等にもとづき、当機構は2018年12月17日に同大学を被告として受験料等の返還を求める被害回復訴訟(共通義務確認訴訟)を提起しました。(コチラ

 当機構は今後の裁判の進行にあたって、受験料等の返還を希望される方がどの位いらっしゃるかをさらに知りたいと考えます。そのため、引き続き情報提供を呼びかけます。

他大学を受験した方へ

 現在、第三者委員会による調査報告が公表されているのは上記2大学のみです。

 他大学についても性別・浪人年数といった属性による不当な選考があったことが第三者委員会により公表された場合には、適時、情報提供を呼びかけてまいります。

 しかし、先んじて当機構への情報提供を希望される場合には、コチラから書き込みいただくか、平日10時~12時または13時~17時までの間に消費者機構日本(03-5212-3066)までお電話ください。

※本件は該当する大学に対する裁判または裁判外の要請について検討するために情報提供を呼びかけるものです。 全ての受験生の方が選考料返還の要請対象になるとは限らず、情報を提供していただいても対象とならない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。