消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

上野クリニックの包茎治療に関する料金表示が改善されました。

 消費者機構日本(以下「当機構」という。)は、美容形成医院である上野クリニック(以下「当該事業者」という。)のホームページ上や広告に記載されている包茎治療料金の表示について、料金例として示されている金額348,600円で治療ができるように表示されているにもかかわらず、実際には百万円前後の費用を請求されたという事例や、それだけの料金の準備ができない患者に対し、クレジット契約の締結を勧め、支払総額がさらに高額になったという事例が多数の消費者から情報として提供されたため、検討したところ、料金例として示されている金額348,600円は、実際よりも著しく有利な取引条件であるとの誤認を消費者に与えるばかりでなく、消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあるとの結論に至りました。

 そこで、当該事業者に対して、当機構は、「その広告の表示内容が景品表示法第4条1項2号に定める有利誤認表示に該当する」として、改善申入れを行いました(2012年9月28日付け「申入れ書」)。

 また、上記申入れ後の面談に際し、包茎治療のオプションとして用意されている美容治療に関して、その必要性、効能、メリット及びデメリット、リスクの有無及びその内容、ヒアルロン酸の有効(持続)期間等についても消費者にわかりやすく表示するよう要請いたしました。

 これに対して当該事業者では、申入れ等の趣旨を踏まえて改善検討し、2013年10月28日より上記各表示が改善されているとのことですので、具体的な申入れ等及び改善内容を次のとおり、消費者の皆様へ公表します。

1.上野クリニックに対する改善申入れと改善内容<概要>

<改善前の料金表示>
包茎治療料金一覧表
手術名 料金 特長 カウンセリング アフターサービス
包茎手術
(ナイロン糸)
¥75,600※ ナイロン糸による環状切開術となります
(亀頭下1cm付近の縫合)
無料 無料
包茎手術
(吸収糸)
¥105,000※ 吸収糸を使用した環状切開術となります
(亀頭下1cm付近の縫合)
無料 無料
修正再手術 ¥157,500 他院施術に対する修正手術です 無料 無料

※公的保険の適用範囲外となります。

  • ※包皮の状態により、料金には個人差がございます。
  • ※美容形成技術を施した場合、基本料金より加算設定があります。
    亀頭直下デザイン縫合(\115,500),小帯形成,内板外板剥離,その他ございます。

現金によるお支払いのほか、提携カード会社の各種クレジットカードによるお支払いも取扱っております。
また、保証人不要、頭金ナシ、秘密主義の医療クレジットもご用意しております。
その他、医療専用ローンもございます。

さらにウエノ男を目指す方のために、以下のプランも用意しています

パワーアップ(強化)治療
施術内容 費用 注記
亀頭強化 ¥126,000
¥157,500
¥189,000
※使用製剤、使用量により料金が異なります
※インプラント製剤1本あたりの費用となります
早漏改善
亀頭保護
亀頭形成

通常の包茎手術に加えて、美容形成で形を整えた場合

<申入れと回答>
申入れ事項 改善回答内容(改善実施内容)




 上記料金表では、
  1. ①包茎治療に要する施術費用として原則として7万5600円~10万5000円程度とされ、
  2. ②「通常の包茎手術に加えて,美容形成で形を整えた場合」の「料金例」として34万8600円とされている
にもかかわらず、実際には百万円前後又はそれよりも高額になる例が多いことから、消費者に誤認を与えないよう表示の改善を求める。
 料金表の表示を下記のとおり改める。
<改善後の料金表示>

2.上野クリニックに対する改善要請と改善内容<概要>

要請事項 改善回答内容(改善実施内容)
要請事項  希望する患者に対して、包茎手術と併せて実施される美容手術の内容について、ヒアルロン酸注入のメリットやデメリット、有効期間、手術の危険性等について充分説明するとともに、ホームページ上のわかりやすい位置にもわかりやすく説明するように要請いたしました。  ホームページ上に説明を表示することとなりました。

<当機構からの改善申入れ・要請の詳細は、別紙「参考資料1:申入れ書」「参考資料2:要請書」をご参照ください>

<最終的な改善結果は、別紙「参考資料3:回答書」をご参照ください。>

3.合意書の作成<概要>

 この改善結果(内容)を当機構と双方で再確認するために別紙のとおり「合意書」も作成・締結されました。