消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

(株)クリスタルインターナショナルで、ご結婚挙式披露宴規約が改善され、「支払済みの申込金は返還しないとする条項」が削除されました!!

 消費者機構日本(以下「当機構」という。)は、消費者からの情報提供を踏まえ、株式会社クリスタルインターナショナル(以下「当該事業者」という。)が運営する結婚式場(「ニューヨーク・ニューヨーク」)のご結婚挙式披露宴規約について、「支払済みの申込金は返還しないとする条項」の削除を申入れました(消費者契約法第9条1号に基づく改善申入れ)。

 これに対して当該事業者は積極的に検討され、下表のとおり改善(回答)されました。

 なお、当機構では、本件申込金とは別に、契約キャンセル時の解約料のあり方等に関しても検証の必要性を認識しています。この点は別途、当該事業者での本件規約内容の見直し(検討)の中で、当機構として必要に応じて継続検討していきたいと考えています。今回は、そのことを前提に一旦意見交換を終了しました。

【当該事業者のご結婚挙式披露宴規約に関する改善申入れと改善の概要】
改善申入れ概要 改善概要(改善後の規約概要)
 ご結婚挙式披露宴規約において、次の「支払済みのお申込金は返還しないとする条項」を削除してください。
  • 発生したお申込金は、本契約を解約された場合であっても返金いたしません。
  • お申込金は、契約成立後に解約された場合であっても返還いたしません。
 左記の条項は削除され、新たに、「申込金が挙式披露宴費用の前受金であること」が同規約で明記された。

 この結果、契約を途中で解約した場合には、申込金も支払済みの挙式披露宴費用の一部として、キャンセル規定の対象となり、解約時期に応じて一定の割合(解約時期に応じた解約料を差し引いた残額)が返還されることになりました。

<※2012年10月25日付け回答書に添付された規約改定案に基づく内容。>

<※2012年11月1日に改定・適用済み>

<改善申入れの詳細は、別紙、「当機構からの申入れ書」(2012年4月2日付け)をご参照ください>

<改善内容は、別紙、「当該事業者からの2012年10月25日付けの回答書とご結婚挙式披露宴規約の改定案」をご参照ください。>