消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

<国際デンタルクリニック駒沢>
「歯科治療を中途解約した際には治療費(既払金)は一切返還しない」との不返還条項が削除され、「適正な清算を行う」旨の規定に是正されました。

 消費者からの情報提供を受け、当機構は国際デンタルクリニック駒沢(※)が患者との間で交わしていた「同意書」と「診療計画」について調査しました。
(※)所在地は東京都目黒区の歯科クリニック

治療費の不返還条項の削除と中途解約時の清算に関する是正申入れについて

 当該医院で使用している「同意書」「診療計画」には、それぞれ下記内容の治療費の不返還条項が記載されていました。

「同意書」…
本契約が途中で解約された場合、貴院に対し私はその理由の如何を問わず、それまでにお支払いした治療費の返還を求めません。
「診療計画」…
契約破棄の場合、お納めの金額は払い戻しません。

 当機構は上記「同意書」と「診療計画」の治療費の不返還条項は、消費者契約法第9条1号に抵触する不当条項の可能性があるとして、当該医院に上記不返還条項の削除と中途解約時には治療費を適正に清算をすることを求める申入れを行いました(申入れ書 2009年11月25日)。

 当該医院からは「同意書」等における治療費の不返還条項と中途解約の清算に関しては、下記内容に是正するとの回答が届きました(ご連絡 2010年6月26日)。

①「同意書」「診療計画」から不返還条項を削除する。

②患者から中途解約の申入れがあった場合は「治療の進行状況の割合による報酬や事務経費を超える支払いを求めず,受領済みの費用等を適正に精算する運用をする。

 また、上記内容に改定し、「同意書」と「診療計画」とを統合したとする新しい「同意書」が、当該医院から提供されました(ご連絡 2010年10月6日)。この同意書では、治療費の中途解約に関する部分は「本契約が中途で解約された場合、貴医院に対し、私は解約までに生じた費用を支払います。」との内容となっています。

治療費の明細記載等の改善要請について

 当該医院の新しい「同意書」は、治療費の不返還条項が削除等され、消費者契約法第9条1号の問題はなくなりました。しかし当機構は、治療を途中解約した場合に治療費の清算に問題が生じないように、治療契約時に材料費や技工料など費用の内訳明細を交付すること等を求める改善要請を行いました(同意書に対する改善要請 2010年11月11日)。
 当該医院からは、新しい「同意書」に治療費の内訳欄(今まで「契約金額」と一括表示していた費用を「診断及び治療計画料」「施術料」「諸経費」と区別した)を設ける等の回答が改定後の「同意書」とともに届きました(回答書 2010年11月26日)。

協議終了について

 本件の協議においては、治療費の不返還条項が削除され、改定後の「同意書」には消費者契約法第9条1号に該当する不当条項はなくなりましたので、協議を終了しました。
 また、2012年2月29日付けで合意書を締結しました(合意書)。

 なお、当該医院は、本件の協議を通して、以下の回答をしています。

  • ○「精算時に疑義が生じてはならないことは当然ですが、それは解約・精算時に精算費用とその根拠を明らかにすることで対処可能であると考えます。」
  • ○「治療内容の変更時の対応ですが、治療内容変更後の記載を施した新しい同意書を患者に交付します。旧同意書は履歴として残し、変更があることを記録しておきます。」