消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」のサービス利用規約が改定されました。

 消費者機構日本(以下「当機構」という。)は、消費者からの情報提供に基づいて、ファッション通販サイトである「ZOZOTOWN」のサービス利用規約を検証した結果、商品に瑕疵がある場合の当該商品の返品期間を短く制限(商品到着後7日以内)する規定などの条項やわかりづらい規定内容が確認されました。
 ついては、ZOZOTOWNを運営・管理している株式会社スタートトゥデイ(以下「当該事業者」という。)に対して、当機構は、「ZOZOTOWN」サービス利用規約の改定を求めた申入れと要請を行いました(2011年5月25日付け「申入れ並びに要請」)。

 これに対して当該事業者では、申入れ等の趣旨を踏まえて積極的かつ迅速に回答・改定を検討し、2011年9月6日付けで同サービス利用規約が改定され適用されていますので、具体的な申入れ等及び回答内容(改定実施内容)を次のとおり、消費者の皆様へ公表します。

ZOZOTOWNサービス利用規約の改定申入れ・要請と回答内容(改定実施内容)<概要>
申入れ・要請事項 回答内容(改定実施内容)
申入れ事項
  1. ①同サービス利用規約第11条(商品等の返品・交換・注文の取り消し)1項2号の改定
  2. ⇒「注文内容と異なる商品、配送中に破損した商品、商品に瑕疵があった場合」の返品期間について、商品到着後7日以内という期間制限の削除を求める。

 「注文内容と異なる商品、配送中に破損した商品、商品に瑕疵があった場合」の返品期間の制限を記載しない。

  1. ②同サービス利用規約第12条(商品等に関する免責)3項の改定
  2. ⇒いわゆるCGMサービスでのユーザー書き込みについて、当該事業者の法的責任(損害賠償責任)を全部免責とする定めの削除を求める。

 当該法的責任の免責の範囲について、「当社に故意又は重過失がある場合を除く」ことを追記し、改める。

要請事項
  1. ①同サービス利用規約第11条1項3号(改定前)の「⑤その他、当社が定める商品」とは、「返品できることを特に定めた商品」という返品要件とも読み取れること、また「⑤その他、当社が定める商品」の具体的な説明・提示を目的としたWeb上のリンク先ページが不正確と考えられるため、改定を求める。

 「⑤その他、当社が定める商品」について、その対象商品内容を個別に列挙し明確にする。それにより、Web上へのリンクも廃止する。

  1. ②同サービス利用規約第11条5項における「ご注文いただいた内容の取り消し」の意味の明確化(商品発送後又は到達後の撤回・取り消し返品も含む内容なのかなど不明瞭)を求める。

 次の規定内容に改め、明確化する。
「商品の発送処理後から商品到着までの間は、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、商品のご注文の撤回および取消しをすることができません(商品到着後の返品については、本条第1項の定めるとおりとします)。」