消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

<日本野球機構>消費者契約法に基づく申入れ 協議終了報告

 当機構は、2009年11月9日 社団法人 日本野球機構に対して、試合観戦契約約款第13条にて規定されている「顧客(消費者)が被った損害に関して責任を負わない条項」、「主催者側の故意、重過失の場合も損害賠償責任の一部を免除する条項」に対して是正の申入れを行いました。(申入書

申入れ対象とした条項

第13条(責任の不存在)

主催者は、観客が被った以下の損害についての責任は負わないものとする。

  1. (1) ホームラン・ボール、ファール・ボール、その他試合又は練習行為に起因する損害
  2. (2) 暴動、騒乱等の他の観客の行為に起因する損害
  3. (3) 球場施設に起因する損害
  4. (4) 本約款その他主催者の定める規則又は主催者の職員等の指示に反した観客の行為に起因する損害
  5. (5) 第6条の入場拒否又は第10条の退場措置に起因する損害
  6. (6) 前各号に定めるほか、主催者又は主催者の職員等の故意行為又は重過失行為に起因することなく発生した損害

2  主催者が負担する損害賠償の範囲は、治療費等の直接損害に限定されるものとし、逸失利益その他の間接損害及び特別損害は含まれないものとする。

 以上の条項は、試合主催者の損害賠償の責任を免除する条項であり消費者契約法第8条に該当するものです。

 当機構の申入れに対し、日本野球機構は、会員であるプロ野球12球団と是正に向けた協議を行い、下記のように是正が行われました。(2010年度セリーグ・パリーグ オープン戦より是正)

改正後の該当条項

第13条(責任の制限)

 主催者及び球場管理者は、観客が被った以下の損害についての責任は負わないものとする。但し、主催者若しくは主催者の職員等又は球場管理者の責めに帰すべき理由による場合はこの限りではない。

  1. (1) ホームラン・ボール、ファール・ボール、その他試合、ファンサービス行為又は練習行為に起因する損害
  2. (2) 暴動、騒乱等の他の観客の行為に起因する損害
  3. (3) 球場施設に起因する損害
  4. (4) 本約款その他主催者の定める規則又は主催者の職員等の指示に反した観客の行為に起因する損害
  5. (5) 第6条の入場拒否又は第10条の退場措置に起因する損害
  6. (6) 前各号に定めるほか、試合観戦に際して、球場及びその管理区域内で発生した損害

2 前項但書の場合において、主催者又は球場管理者が負担する損害賠償の範囲は、治療費等の直接損害に限定されるものとし、逸失利益その他の間接損害及び特別損害は含まれないものとする。但し、主催者若しくは主催者の職員等又は球場管理者の故意行為又は重過失行為に起因する損害についてはこの限りではない。

3 観客は、練習中のボール、ホームラン・ボール、ファール・ボール、ファンサービスのために投げ入れられたボール等の行方を常に注視し、自らが損害を被ることのないよう十分注意を払わなければならない。

協議経緯

 当機構は、改正後の試合観戦契約約款に関しては、消費者契約法第8条には該当しないものと判断しました。
 但し、2項で損害賠償の範囲を治療費等の直接損害に限定していることについては、発生した損害の程度との関係では、問題が無いとは言えないと日本野球機構に対して指摘しました。この指摘に対して、日本野球機構は、現在発生している事故の多くが打撲程度であること、実際に重大な事故が発生した場合はケースバイケースで直接損害を超えての賠償も検討しているとの口頭説明がありました。

協議終了と意見

 今回提示された改正後の約款は、全く責任を負わないとした旧約款よりは改善され、消費者契約法第8条に該当する問題はなくなったと考えます。

 しかし、人身損害に対する損害賠償の範囲を治療費等の直接損害に限定していることは、発生する損害の程度との関係では、問題となります。

 消費者機構日本としては、どの程度ならよい、などという基準は示せませんが、発生した損害との関係で、責任を治療費等に限定する約款が消費者契約法第10条に該当して無効となる可能性があると考えます。

 実際、日本野球機構は、個別に対応しているとのことです。

 今回の申入れに伴う協議については、一応の改善が見られたので、終了しましたが、日本野球機構に対しては、人身損害が生じた場合の扱いについて、さらに検討されることを要望しました。