消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

十分に内容を確認してからの利用・注文を!

リアルネットワークス社のウェブサイト上での「realPlayer.M 14日間無料体験」に関するダウンロードの「注文の確認」画面表示が改善されました!!

 リアルネットワークス株式会社(以下「リアルネット社」という)は、米国のリアルネットワークス社が開発し市場に提供しているインターネット用ソフトの国内輸入販売とサービスを行っています。
 2010年3月26日、消費者機構日本(以下「当機構」という)では、リアルネット社(リアルネットワークス社)のウェブサイトにおいて「realPlayer.M 14日間無料体験」との表示で宣伝しているソフト「realPlayer.M(以下「本ソフト」という)」に関し、本ソフトをダウンロードするための「注文の確認」画面について、有料利用契約(本ソフトの14日間の無料体験期間中に有料利用契約の解除手続を行わないと、月額945円の利用料金が発生すること)であることが明確に認識できるように表示内容の是正(改善)を申入れました。また、関連してその他表示等の改善も要請しました。
 その結果、申入れ事項である、同「注文の確認」画面の表示内容が改善されましたので、消費者の皆様へ公表します。

1.改善実施内容(申入れへの回答)について

 当機構からの申入れに対して、リアルネット社は、本ソフトのダウンロードの「注文の確認」画面における価格表示を次のとおり改善・表示しました(2010年5月14日からの改善表示)。

従来:「\0」表示。改善後:「月額945円」の表示へ。

※なお、リアルネット社のウェブサイト(ホームページ)上で、本ソフトに関して最初に表示される画面では、 RealPlayer Mの申し込み画面へ進む または RealPlayer Mをダウンロード というクリックボタンの下段に次の内容が記載され改善されています(2010年9月28日現在の表示内容)。ついては、その内容及び上記ダウンロードの「注文の確認」画面における価格表示内容も含めて、本ソフトが有料利用契約(本ソフトの14日間の無料体験期間中に有料利用契約の解除手続を行わないと、月額945円の利用料金が発生すること)であることを確認されるよう、消費者の皆様に助言させていただきます。

945円(税込)/月 ⇒ 今なら最初の14日間は0円!
お申し込み後すぐにご利用いただけます。

RealPlayer Mとは?

プレミアム機能を使えるRealPlayer Plusと音楽配信サービスのRealMusicを利用できます。最初の14日間は無料でお試しいただけます。

  • 「全ての機能と音楽配信サービスを使いたい」
  • 「プレミアム機能を試しに使ってみたい」

という方に特におすすめです。

※解約についてはこちらをご確認ください。なお、無料期間中に解約された場合もRealPlayer(の基本機能)は引き続きご利用いただけます。

2.当機構での是正申入れ経過について

(1)  リアルネット社のウェブサイト(ホームページ)上の本ソフトについては、タブ画面上の最初に表示される画面において、「realPlayer.M 14日間無料体験!」と表示し、また「今すぐダウンロード」とのバナーの真上には「リアルプレーヤーSPPlusのフル機能とインターネット音楽サービスを無料体験!」・「まずは、14日間無料でお試し下さい!」と大きく表示【資料1 ★1 (PDF 383KB)】していました。そして、同画面をスクロールさせた最下部に、次のとおり、本ソフトの有料利用契約の価格を表示【資料1 ★2 (PDF 226KB)】していました。

※RealPlayer Mとは・・・RealPlayer SP Plus(3600円)のフル機能とインターネット音楽サービスRealMusic(月額788円)の両サービスを月額945円(14日間無料体験期間付き)でご利用いただけるサービスパックです。

 また、ユーザーが無料体験のために本ソフトをダウンロードする際には、リアルネット社は「アカウントの作成」画面で、ユーザーに対して個人情報やクレジットカード情報の入力を求め【資料2 (PDF 70KB)】、さらに「注文の確認」画面において、本ソフトの価格を「\0」と表示【資料3 (PDF 73KB)】していました。その上で同画面において承諾のクリックをすると有料利用契約の締結に至る仕組みでした。

(2)  この表示内容等から、消費者であるユーザーは「realPlayer.M 14日間無料体験」が、実態的には「14日間の無料体験期間が付いた月額945円の有料利用契約」であることが認識できないとの情報提供が当機構へ寄せられ、さらに調査した結果、同様の相談事例が発生していることを確認しました。

(3)  このため、当機構では、「注文の確認」画面における本ソフトの価格を「\0」との表示は、消費者契約法第4条 1項1号に抵触する「重要事項の不実告知」に該当するものと考え、リアルネット社へ改善を求めました。具体的には、消費者であるユーザーが「本ソフト」のダウンロードにあたり、有料であることが明確に認識できるように、「注文の確認」画面における価格表示について、「\0」ではなく、「月額945円」と表示するよう、改善を求めたものです。<【資料4 (PDF 986KB)】:当機構からの申入れ書>

(4)  この申入れに対して、リアルネット社からは上記1のとおり、改善する旨が回答され、その後速やかに改善実施されました。しかしながら、リアルネット社の回答書【資料5 (PDF 45KB)】では、「注文の確認」画面における本ソフトの価格を「\0」との表示が、消費者契約法第4条1項1号に抵触する「重要事項の不実告知」等に該当するものと考えた当機構の指摘に対しては、「同意しかねる」(消費者契約法第4条1項1号の重要事項の不実告知等には該当せず、法令違反はないものと認識している。ただし、必ずしも明確な表現ではないとの、一部ユーザーの意見を事実として重く受け止め、今回「注文の確認」画面の価格表示を変更することとした)との見解が表明されています。

(5)  リアルネット社からの見解表明の結果、当機構とリアルネット社との間には、消費者契約法等違反に関する見解・認識が相違している事実が残りました。

3.その他要請事項について

(1)  当機構では申入れ書(【資料4】)のとおり、上記申入れ事項とは別に、次の要請を行いました。

  1. ① 本ソフトの14日間の無料体験期間中に有料利用契約の解除手続を行わないと、月額945円の利用料金が発生することをサインアップ手続き前に、わかりやすく表示すること。
  2. ② もしくは、14日間の無料体験期間経過後に、ユーザーに対して、改めて本ソフトの有料利用契約の申込を求める仕組みに変更すること。
  3. ③ ユーザーから本ソフトの有料利用契約等の解約の申し出があった場合は、迅速に解約手続きを行うこと。

(2)  リアルネット社からは、上記要請事項の③については「迅速な受電等と解約処理に努めていく」との表明がありました。しかしながら、その他については、『今回、本ソフトダウンロードの「注文の確認」画面において価格表示の変更(改善)をもって、消費者の誤認は減少するはずであり、技術的な問題もあるため、上記①もしくは②までの対応は困難である』旨、回答しています。その上で『今回の本ソフトダウンロードの「注文の確認」画面における有料表示化後の問い合わせ件数などを踏まえ、改善後の問題に真摯に対応していくこと』も表明されています。

※なお、前記1で記載のとおり、リアルネット社のウェブサイト(ホームページ)上で、本ソフトに関して最初に表示される画面では、本ソフトが有料利用契約(本ソフトの14日間の無料体験期間中に有料利用契約の解除手続を行わないと、月額945円の利用料金が発生すること)であること、及びその契約の解約方法も確認できるように表示内容が一部改善されています(2010年9月28日現在の表示内容)。

(3)  当機構としては、要請事項については、これ以上の進展が望めないものと考え、今回の本ソフトのダウンロードの「注文の確認」画面における価格表示の改善、およびリアルネット社として、この改善後も迅速な解約処理により一層努めていくことが表明されたことをもって、協議を終了することとしました。

以上