消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

(株)ライフ・アップに特定利益の仕組み等について質問しました!

 (株)ライフ・アップは、健康食品と化粧品を販売する連鎖販売事業者です。

 2009年1月、消費者機構日本に対し消費者の方から「当該事業者の会員が『商品を毎月継続購入するだけで、2年後には年金型ボーナス(※)が毎月25万円受け取れる』として勧誘している」との情報と会員規約等の提供がありました。

 当機構では情報の内容及び会員規約等を検討しましたが、上記勧誘内容の「商品を毎月継続購入するだけで2年後に毎月25万円の金員を受領できる仕組み」に疑義をもったことから、本年1月末、当該事業者に質問書①[PDF 144KB]を出しました。

 その後(本年2月19日)、当該事業者の代表者から口頭で質問書に対する回答(質問内容と回答は下記をご覧ください。)を得ましたが、十分に理解できなかったことから、当該事業者が主催する事業説明会に参加しました。

 本説明会では本年4月1日から変更となる特定利益のシステムが重点的に説明され、当機構が疑義をもった利益還元型ボーナス(旧年金型ボーナス)のシステムは本年3月末日で終了となるが、その日までの入会者は利益還元型ボーナス(旧年金型ボーナス)の支払い対象となる旨が判明しました。

 しかしながら、上記説明会に出席しても、なお、本年3月末日までの入会者について利益還元型ボーナス(旧年金型ボーナス)のシステムが、如何にして成立しうるのか根本的なところが理解できなかったため、再度、質問書②[PDF 135KB]を送付しました。

<消費者機構日本の質問書①とライフ・アップの回答>
消費者機構日本:質問内容 ライフ・アップ:回答
1

年金型ボーナス(※)について、2年後に25万円を受け取れると聞いた消費者の認識や Network Business 2009-02 の記事は正しいですか。

正しくない。当社のビジネス内容を十分に理解していない会員がそのような言葉で勧誘を行ったようだが、新規加入者の増加率が関係するので、2年後に必ず25万円もらえるものではない。

2

質問1の認識等が正しくないのであれば、年金型ボーナス(※)がどのような場合に、どれくらいの支払いを受けることができるのかを説明してください。

口頭で説明を受けましたが、十分に理解できなかったため、記載を略します。

3 ①現在(2009年1月時点)の会員総数と、②毎月25万円以上の年金型ボーナス(※)を受領している会員数を教えてください。 ①2万5、6千人ぐらい。
②ほとんどいない。
4 バイナリーボーナスが10万円に達する場合のシミュレーション、上限の250万円となる場合のシミュレーションを提示してください。

★口頭で説明を受けましたが、十分に理解できなかったため、記載を略します。

※2008年秋ごろに「利益還元型ボーナス」と名称変更。