消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

(株)井上オートが「契約書約款」を改訂し、意見交換終了する

 消費者機構日本では、2008年6月に、中古自動車販売事業者の(株) 井上オートに対し、「契約書約款」の是正を求め、つぎの2項目の削除申入れと4項目についての検討を要請しました。(資料.1【PDF 172KB】

削除を申入れた2項目

  1. (1) 「メーター改ざん車は納車日より3ヶ月以内に発覚し、その経歴が間違いない場合、車輌本体価格全額を発覚車輌と引替えに乙(購入者)に返金します。その後は、一切申し受け致しません。」。
  2. (2) 「オートローンの13ヶ月以内の繰上げ返済は出来ません。」。

検討を要請した4項目

  1. (1) 契約金の性格
  2. (2) 購入申込みを承諾しない場合
  3. (3) 契約の成立時期
  4. (4) 契約解除について

一部改定されていた(株)井上オートの07年契約書約款

 是正申入れに対し、2008年6月30日時点で使用中の「契約書約款」が送付されてきました。
 <後日の確認では、この「契約書約款」は平成19年(2007年)3月の改訂ということでしたので以下、この「契約書約款」を「07年約款」とよびます。>
 「07年約款」では、(1)メーター改ざん車への対応期間を3ヶ月に限定する条項と(2)オートローンに係る条項が削除、改定されていました。この点は評価できるものでした。

あらためて07年約款の検討を要請

 当機構では「07年約款」を検討し、あらためて、(1)メーター改ざん発覚により返金する場合は車両本体価格のみであり、諸費用が含まれていない点について是正を申入れるとともに、(2)2008年6月の当初申入れ書において要請した4項目について、再度検討を求めました。
 その後、2008年9月5日に改定案が(株)井上オートより示され、同年10月27日付で改定案についての当方の意見を述べました。以上の協議を経て2008年12月1日改定約款(資料.2【PDF 112KB】)が提示されました。<以下、「改定約款」といいます。>

申入れに沿って是正された改定約款

 「改訂約款」では、メーター改ざん車発覚の場合、車両本体価格全額に加え諸費用を返金することが明記されました。また、検討を要請した4項目のうち3項目については、基本的に要請の趣旨を反映した内容となっています。
 当機構では、当初の是正申入れの趣旨に沿った改定が実施されており、このことは大きな改善内容として確認しています。また、検討を要請したうち、契約の成立時期については、(株)井上オートの改定約款「甲((株)井上オート)が、乙(購入希望者・消費者)に対して承諾の意思表示を行ったとき」と、当機構の「購入を予定する当該自動車の購入を確定しえた時(できるだけ遅い時期)」と見解を異にしているものの、"承諾の意思表示を行う時は、購入希望者の申込書類への署名を実行している"との、(株)井上オートの回答も確認しているところです。
 今回の当機構からの申入れに関わる一連の意見交換により是正された(株)井上オートの契約書約款は、消費者にも歓迎されるものと考えるところです。

意見交換の終了を確認、合意書作成は見送り

 従って、当機構では(株)井上オートとの間で契約書約款改定に関する「合意書」作成を申入れたところですが、(株)井上オートが承諾するところとはならず、作成は見送りとなりました。
 当機構では、合意書の作成はなりませんでしたが、改定された「契約書約款」の確認をもって、今回の意見交換を終了とします。
 あわせて、当機構の業務規程に則り、適格消費者団体の活動としてホームページにおいて紹介するものです。