消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

ソフトバンクモバイルとの意見交換の内容を公表します!!
~携帯電話機を割賦販売する際の、契約内容等の説明強化を要望しました~

 消費者機構日本は、2007年7月に「携帯電話、光回線、ケーブルテレビなど 契約トラブル通報ダイヤル」を実施しました。

 同通報ダイヤルには、ソフトバンクモバイルの携帯電話機の割賦販売に関し、「広告に『0円販売』と表示されていたので買おうとしたら、実は割賦販売だった」などとする苦情等が11件寄せられました。

 それらの苦情等をふまえて当機構は、同種のトラブル防止のために、ソフトバンクモバイルに対し、下記を内容とする業務の改善を要望、書面等で意見交換を重ねました。
 このたび(2008年5月16日)、意見交換を終了しましたので、その内容を公表します。

※ソフトバンクモバイルの携帯電話機の販売方法には、現金販売と割賦販売がありますが、今回、当機構が要望したのは、割賦販売に関する業務の改善です。

 従来、携帯電話機は、通信事業者からの販売奨励金により値引きが行われたものを販売代理店等が販売し、消費者が購入するというのが通常でしたが、ソフトバンクモバイルは、割賦で販売するという新しいスタイルを導入しました。この馴染みのない販売形態に消費者は、携帯電話機を分割払いで購入したとの認識がもてないまま誤認して割賦契約を締結したため、トラブルになったと思われます。

 ソフトバンクモバイルは、新しい販売形態を導入するならば、通常に増して消費者に対し、適切かつ充分な情報提供や説明が必要だったと言えます。

消費者機構日本の要望事項とソフトバンクモバイルの回答(要旨)

  消費者機構日本の要望事項 ソフトバンクモバイルの回答(2008.5.16)

表示

販売代理店等に下記事項を指導してほしい。

  1. (1) 携帯電話機の販売価格を広告等するときは、「お持ち帰り価格(頭金)0円」とだけ表示するなど、今後、携帯電話機の代金の支払が必要ないと消費者に誤認される表示を行わないこと。
  2. (2) 割賦販売であることが、消費者に明確に伝わるような広告等を作成すること。
  1. (1) 「お持ち帰り価格(頭金)」の表示は今後も継続するが、"頭金"が抜け、"お持ち帰り価格0円"を発見した場合には改善するよう指導する。
  2. (2) 販売代理店等の広告や店頭表示価格(資料1[PDF 471KB])に対しては、割賦販売法の法定記載事項(現金販売価格、割賦販売価格、支払期間及び回数、手数料率)を表示するよう指導している。

契約時の説明

販売代理店等に下記事項の説明強化を求めてほしい。

  1. (1) 契約者に対し、割賦販売の内容(支払総額、支払回数、月々の支払額など)を書面と口頭で詳しく説明すること。
  2. (2) 契約者に対し、携帯電話機の割賦販売契約と通信サービス契約は別契約のため、携帯電話機の代金の支払いが終了しない間に通信サービスを解約した場合は、携帯電話機の支払義務は残っている旨を説明すること。

○販売代理店等に下記を配布等して、割賦販売の内容を契約者に対し、適切に説明するよう指導している。

契約の意思確認

携帯電話機の割賦販売の申し込みを受けたときは、下記を実行してほしい。

  1. (1) 契約者に電話で割賦販売契約の締結の意思確認を行う。
  2. (2) 上記の際に、割賦販売契約の内容について説明する。

○電話での割賦販売契約の意思確認及びその内容説明は、契約手続きの長期化をまねき、契約者の利便性を損なうことから実施しない。しかし、契約内容は、後日携帯電話に送信するメール、自宅に郵送するウェルカムレターに記載し、確認してもらっている。

カタログの改訂

割賦販売契約の内容を、毎月発行している「SoftBank CATALOGUE」のトップページなど目立つところに記載してほしい。

※「SoftBank CATALOGUE」「料金ガイドブック」の記載内容については、その他、11項目について、消費者にわかりやすい表現に改めること、目立つように赤字や太字扱いにすることなどを要望し、ほぼ、すべての事項について、何らかの改善を行うとの回答が寄せられました。

「SoftBank CATALOGUE」は、通信サービスの内容や携帯電話機の性能等を掲載するもの。割賦販売契約の内容は、同カタログ「料金プラン・割引サービス」の新スーパーボーナスのページで説明しているが、2008年5月号から消費者に、よりわかりやすい説明にする。

資料をご覧になる際の注意事項

 ホームページに掲載している資料は、意見交換の際にソフトバンクモバイルより提供されたものです。最新版ではありません。現在、販売代理店等に置かれているものは、内容が変更されている場合があります。

  • 資料1[PDF 471KB](現物はB5サイズ)は、「法令遵守 GUIDELINE BOOK」2007年11月版の一部です。店頭等で携帯電話機の価格表示をする際の必要記載事項が掲載されています。
  • 資料2[PDF 1,368KB](現物はA3サイズ)は2007年10月版です。新スーパーボーナスの内容と携帯電話機の割賦販売に関することなどが説明されています。
  • 資料3[PDF 1,140KB](現物はA4サイズ)は2007年の春から販売代理店等で使用されているものです。契約の仕組みを説明するための資料です。
  • 資料4[PDF 2,092KB](現物はA4サイズ)は2007年12月版の契約書の一部です。 2ページ目の「ご利用方法」には、通信サービス契約と携帯電話機の割賦購入契約に関する申込書が別となっている旨などの説明が書かれています。 3ページ目は「割賦購入契約申込書 お客さま控」です。「ご契約について(ご注意)」には、割賦購入契約と電気通信サービス契約は別契約である旨などの注意事項が書かれています。 4ページ目は個品割賦購入約款です。
  • 資料5[PDF 999KB](現物はA5サイズ)は2007年12月版の一部です。個品割賦購入あっせん約款が掲載されています。