消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

これまでの是正申入れ等の状況

(株)タートルスタディスタッフ(家庭教師派遣)の約款が改定されました。
~適格消費者団体 消費者機構日本が改善の申入れ~

年会費やカリキュラム管理費の精算規定が新設され、あわせてテキストの種類や数量が明示されました。

 これまでの(株)タートルスタディスタッフの契約書約款では、契約者が家庭教師の契約を中途解約したばあい、その解約の後でも「当初の契約期間内においては家庭教師の指導以外のオプションを会員同様に受けることができるため年会費の返金はいたしません」と規定されていました。

 しかし、年会費は家庭教師契約と一体不可分であり、家庭教師の指導以外のオプションには特定継続的役務に該当する内容も存在することから、家庭教師契約を中途解約した場合は、年会費の返金(規定)が必要であること、あわせて、指導に必要なテキストについては種類や数量の明示が必要であり、中途解約に伴う解約規定を設けるべきとして、約款や交付書面の改善の申入れを、2007年4月、消費者機構日本から行いました。(資料.1)[PDF 218KB]

 これに応じて、(株)タートルスタディスタッフでは、2007年8月に約款を改定しテキスト等の関連商品の解約損料率を定めること(資料.2)[PDF 36KB]、さらに、2007年12月には契約解約時の年会費とカリキュラム管理費の精算規定の新設、案内の交付文書にはテキストの種類や数量の明示を行うという回答が寄せられました。(資料.3)[PDF 73KB]

 この回答の後、(株)タートルスタディスタッフでは既存宣伝物がなくなるまでの間は、改善内容をパンフレットに挟込んだ運用がなされています。