消費者のみなさんへ

  • 被害情報提供はこちらに 契約・解約に関する消費者トラブル情報を受け付けています。
  • 求情報!がん保険が無効とされたケース
    • 緊急のお知らせ
    • こんな契約や勧誘にご注意を
    • 消費者トラブルQ&Aリンク集
    • 消費者相談窓口紹介
    • 会員入会案内
  • 寄附金による活動支援のお願い:活動充実の為、寄附金を受け付けています。お振込みは郵便振替で。

事業者の皆さんへ

  • 消費者被害の防止の為に
  • 賛助会員制度のご紹介
  • 団体向け消費者教育 プログラム講師派遣のご案内

賛助会員の活動紹介

日本水産の社会貢献活動のご紹介

 消費者機構日本(COJ)では、賛助会員としてご支援いただいている企業・団体の皆様の社会貢献活動やCSR活動等について、順次ご紹介させていただいております。

 今回は、日本水産株式会社様から、社会貢献活動の取り組み状況についてご寄稿いただきました。

日本水産とは

 日本水産は1911年の創業以来、「価値を創造し続けることによって社会にお役立ちすること」を基本理念として事業活動に取り組んでいます。日本水産およびそのグループ企業は、世界の人々とともに手を携えて水産資源から多様な価値を創造することで社会に貢献し、ステークホルダーの方々のご期待に応えていきます。

日本水産の社会貢献活動

 日本水産は、海から学んだ経験をもとに多くの方々に広く深く水産資源や海洋環境に興味を持っていただきたいと考え、1982年から小学生を対象とした「海とさかな」自由研究・作品コンクールを協賛しています。また、さかながいかにすぐれた食材であり、またそれ以外にもすばらしい価値を持っていることを、ニッスイは長年の経験から学びました。ニッスイは、豊富な経験をもとに多くの方々に水産資源や海洋環境に興味を持っていただきたいという思いでこのコンクールに取り組んでいます。

 また、漁業も盛んでニッスイとの関係も深いニュージーランドでは、ラグビーの名門「オールブラックス」と学生代表チームをスポンサーとして協賛しており、ラグビーを通じて、同国との友好・親善・協力関係を更に深め、ラグビーというスポーツの振興に貢献してきました。財団法人日本ラグビーフットボール協会が主催する大会や人材育成プログラムにも協賛を行い、ラグビーが有する「フェアネス」、「One for All, All for One」の精神が社会に浸透していくことを応援しています。

 ニッスイの創業100周年を記念して開設されたニッスイパイオニア館は、一般の方々や水産業研究者などへの情報提供、教育委員会や学校と協力した教育支援などを通じて、地域や社会とのかかわりを大切にしています。また、グループ会社が展開する、民間初の海洋サバイバル訓練施設である日本サバイバルトレーニングセンターの開設や海洋・深海調査を支援する事業などは、社会的な意義が高いものと評価されています。

 ニッスイは、これからも良き企業市民として、社会とのコミュニケーションを深め、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいきます。

環境への取り組みと安全安心への取り組み